ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

ワードプレス ダッシュボードの404エラー問題 解決しました!

 休みは朝ご飯を食べて寝直し、昼ご飯を食べてお昼寝のくにんです。なんとまぁ、休みの短き事よ。

 

f:id:kuninn:20180211173916j:plain

 前項で愚痴っておりました、

「ワードプレス ダッシュボードの404エラー問題」

 解決しました!

 

 ありがとう、ありがとう、皆さん!

 サイトに解決方法を公開してくださっていた先達に感謝です。

 

 〇 参考にさせていただいたサイト様

brilliantidea.xyz

 

404エラーの原因は何だったか

 はてなブログでは、ブログを保存するサーバーもはてなブログから提供されます。そして、自分で選んだテーマを利用して、ブログを作成します。さらに、高度なカスタムをしたい場合はCSSを記述することで可能になります。

 ワードプレスの場合は、サーバーはサーバーレンタル会社からユーザーが借り受けます。はてなブログで記事を書くように、ワードプレスもテーマを利用して記事を書きます。はてなブログとの一番の違いは、ワードプレスには「プラグインソフト」というものがあるということです。これは、ワードプレスの機能を拡張するように作られたソフトで、ユーザーが自分の目的に沿ったものを選んで組み込んでいきます。(例:画像容量を自動的に圧縮してるソフト、目次を自動的に作成してくれるソフト)

 僕は自分でCSSをかけないので、プラグインソフトをいくつか組み込んでいます。そして、今回問題となったのは、そのうちの一つ「SiteGuard」でした。

「SiteGuard」は、サイトのセキュリティ対策ソフトで、外部からの不正なアクセスを防ぐためのいくつかの方策が組み込まれています。おそらく、問題の原因は、このソフトが定期的にダッシュボードのログイン画面のURLを書き換えることだったと思われます。つまり、ワードプレスが自動バージョンアップして設定し直されたログイン画面のURLと、「SiteGuard」が書き換えたURLが一致しないために、ダッシュボードに入ろうとしても、そのURLは存在しないというエラー、つまり「404エラー」が返ってきたのではないかと考えます。

 

404エラーの解決方法は

「SiteGuard」がダッシュボードのURLを書き換えたことが問題なら、それをデフォルトに戻せば解決するだろう、と考えました。先達のサイトで紹介されている解決方法もそういう意図だと思います。

① サーバーにアクセスして「.htaccess」ファイルを探す

「SiteGuard」は、自動的に「.htaccess」というファイルに書き込みをします。これを元に戻したいので、自分のサイトが保存してあるサーバーにアクセスします。僕の場合は、エックスサーバーを利用しているので、トップ画面からファイルマネージャーに入ります。

「.htaccess」を探します。「(サーバー名).com」-「public html」-「.htaccess」ここにありました。

② 「SiteGuarad」が書き込んだ部分を削除する(作業前には、念のためファイルのこピーを取っておくことをお勧めします)

「.htaccess」の左の□(四角)にチェックを入れ、右側の「編集」ボタンを押します。

ファイルの内容が表示されますので、

   #SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START
から
   #SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END
までの全てを消去します。

 下の「編集」ボタンを押して作業完了です。

 

 僕は、これで、ダッシュボードにアクセスできるようになりました。

 

 僕はワードプレスサイトを作成するときに、サーバーにアクセスしたり、ファイルを触ったりした経験があったので、「.htaccess」を探したり内容を修正したりするのには、さほど時間はかかりませんでした。

 とはいえ、エラー表示はドキッとしますね。PCの中で何がどうなっているのかさっぱりわからず、結果だけが表示されるので、自分で対応できるのかどうか不安になりました。

 何かの折にご参考になればと思い、復旧作業内容を掲載しました。参考になる事態が起こらないことが一番ですけどね。