ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年 ランキング紹介(第15戦シンガポールGP終了時点)

f:id:kuninn:20180924160943j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 夏が過ぎると1年の半ばを過ぎたような感覚になるのですが、よく考えてみると、9月が終わると、1年のうち4分の3が終わったことになるのですね。

 

 F1の2018年シーズンも、いよいよ佳境に入ってまいりました。

 今シーズンは全21戦で構成されていますが、現時点で第15戦シンガポールGPまで終了し、あとは6レースを残すのみです。

 これからは、ドライバーズ及びコンストラクター(チーム)ズのタイトル争いが、ますます激しくなっていきます。そこで第15戦シンガポールGP終了時点でのランキングを、改めてご紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:kuninn:20180924161238j:plain

F1のポイントシステム

 F1では、決勝レースで1位から10位になったドライバーに、次の通りポイントが与えられます。また、このポイントは、コンストラクター(チーム)ズランキングにも反映されます。1チームは2台の車を走らせているので、1チームが1レースで獲得できる最大ポイント数は、1-2フィニッシュした時の43ポイントになります。

 順位  獲得ポイント

  1位    25

  2位    18

  3位    15

  4位    12

  5位    10

  6位     8

  7位     6

  8位     4

  9位     2

 10位      1

 

 

 

f:id:kuninn:20180924161424j:plain

2018年ドライバーズランキング

(第15戦シンガポールGP終了時点)

 

順位  ドライバー            所属チーム(PU)    獲得ポイント

1      ルイス ハミルトン          Mercedes  (Mercedes)        281

2      セバスチャン ベッテル    Ferrari  (Ferrari)                 241

3     キミ ライコネン               Ferrari  (Ferrari)                  174

4     バルテリ ボッタス            Mercedes  (Mercedes)       171

5     マックス フェルスタッペン Red Bull  (TAG)              148

6     ダニエル リカルド            Red Bull  (TAG)                  126

7     ニコ ヒュルケンベルグ     Renault  (Renault)               53

8     フェルナンド アロンソ     McLaren  (Renault)             50

9     ケビン マグヌッセン        Haas  (Ferrari)                     49

10   セルジオ ペレス               Force India  (Mercedes)      46

11   エステバン オコン           Force India  (Mercedes)       45

12   カルロス サインツ Jr.      Renault  (Renault)                38

13   ピエール ガスリー          Toro Rosso  (Honda)             28

14   ロマン グロージャン       Haas  (Ferrari)                      27

15   シャルル ルクレール       Sauber  (Ferrari)                   15

16   ストフェル バンドーン    McLaren  (Renault)               8

17   ランス ストロール           Williams  (Mercedes)            6

18   マーカス エリクソン       Sauber  (Ferrari)                   6

19   ブレンドン ハートレー   Toro Rosso  (Honda)             2

20   セルゲイ シロトキン       Williams  (Mercedes)            1

 

 ドライバーズチャンピオン争いでは、1位のハミルトンと2位ベッテルの差が40ポイントあります。

 ベッテルが優勝してハミルトンがリタイアしたとしても、25ポイントしか挽回できません。ベッテルが残り6戦全勝したら、そのすべてでハミルトンが2位に入っても42ポイント挽回できるので、2ポイント差で逆転できます、計算上は。つまり、ベッテルとしては、自力でチャンピオンが取れる瀬戸際ギリギリまで追い詰められている状態です。ハミルトンとしては、リタイアにだけ注意して着実にポイントを稼いでいけばいい、かなり優位な状態にあります。

 なお、ドライバーズチャンピオンシップでは、チャンピオン以外はほとんど注目されません。チャンピオン以外は皆敗者です。ただし、同じ車に乗っている同僚と成績を比較する材料には使われます。

 マクラーレンの場合アロンソ50ポイントに対してバンドーン8ポイント、ザウバーの場合は、ルクレール15ポイントに対してエリクソン6ポイント、トロロッソの場合、ガスリー28ポイントに対してハートレー2ポイントと、同じチームでもドライバーの間で大きな差があるのがわかります。これらの3チームでは、同僚に対して後手を踏んでいるドライバーは、来年のシートが危うくなっているのが現状です。

 

 

 

f:id:kuninn:20180924162226j:plain

2018年コンストラクター(チーム)ズランキング

(第15戦シンガポールGP終了時点)

 

順位 コンストラクター ポイント

1   メルセデス     452

2  フェラーリ     415

3        レッドブル               274

4        ルノーF1チーム         91

5        ハースF1チーム         76

6       マクラーレン              58

7      レーシングポイント・フォースインディア        32

8      トロロッソ                   30

9       ザウバー                     21

10     ウイリアムズ                7

 

 コンストラクターズチャンピオン争いでも、メルセデスとフェラーリが激しく争っています。こちらは、ドライバーズランキングとは違って、中団以降の順位にも注目が集まります。というのは、この順位が、運営団体から受け取る分配金に反映されるからです。

 トロロッソ・ホンダは、シーズン半ば以降に調子を上げてきたザウバーに激しく追い上げられています。来シーズンの予算確保のためには、なんとか8位を守りたいところです。(>_<)

 なお、レーシングポイント・フォースインディアは、チームの倒産・新オーナーによる買い取りがあったため、第12戦までに獲得していた77ポイントが無効となっています。逆に言えば、たった3戦で32ポイントも獲得したのですから、倒産したチームとは思えない凄い追い上げですね。

 

次回 第16戦ロシアGP決勝レースは、9月30日です。その次には第17戦鈴鹿GPが、10月7日に控えています!