ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第16戦ロシアGP予選 ボッタスがわずかにハミルトンを抑えてPP! トロロッソ・ホンダは日本GPへ向けて新型PU投入

f:id:kuninn:20180929231516j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 今週末は、日本列島を台風が通り抜けるようです。被害が起きないこお祈りいたします。

 

 さて、F1は第16戦ロシアGPです。F1ではPU(エンジン)等の各部品に最大使用基数が決まっており、それを超えて新しいものを使用すると、スターティンググリッド降格ペナルティが付きます。

 予選終了段階で分かっている該当者は、アロンソ(マクラーレン)、ガスリー&ハートレー(トロロッソ)、リカルド&フェルスタッペン(レッドブル)の5名です。彼らがスターティンググリッド下位に沈んでいるのはそのためです。

 

 

F1GP第15戦シンガポールGP予選結果(スターティンググリッド)

順位  ドライバー       チーム(パワーユニット)

PP      バルテリ ボッタス              Mercedes  (Mercedes)

2         ルイス ハミルトン              Mercedes  (Mercedes)

3         セバスチャン ベッテル      Ferrari  (Ferrari)  

4         キミ ライコネン                 Ferrari  (Ferrari)

5         ケビン マグヌッセン         Haas  (Ferrari)

6        エステバン オコン              Force India  (Mercedes)   

7        シャルル ルクレール           Sauber  (Ferrari)

8        セルジオ ペレス                  Force India  (Mercedes)

9         ロマン グロージャン          Haas  (Ferrari)

10      マーカス エリクソン          Sauber  (Ferrari)

11      カルロス サインツ Jr.         Renault  (Renault)

12      ニコ ヒュルケンベルグ       Renault  (Renault)

13      セルゲイ シロトキン          Williams ( Mercedes)

14      ストフェル バンドーン       McLaren  (Renault)

15      ランス ストロール              Williams  (Mercedes)

16      フェルナンド アロンソ       McLaren  (Renault)

17      ピエール ガスリー              Toro Rosso  (Honda)

18      ブレンドン ハートレー      Toro Rosso  (Honda)

19       ダニエル リカルド             Red Bull  (TAG)

20      マックス フェルスタッペン Red Bull  (TAG)    

ja.espnf1.com

 

 

〇くにんメモ

 このGPは2014年に冬季オリンピックが開かれたソチのオリンピック会場を舞台に行われます。大変追い抜きが困難なコースで、昨年は決勝レース中の追い抜きが片手で数えられる程度しかなかったといわれているほどです。

 

 予選1-2を確保したメルセデスと3-4のフェラーリですが、順位差以上に力の差を感じます。ドライバーズチャンピオン争いで大きくハミルトンに先行されているベッテルですが、なにかアクシデントがメルセデス勢に起きない限り優勝は難しそうです。ギャンブルに出て大きくポイントをロスすればここでシーズンが終わってしまいますし、耐えがたきを耐え、3位を確保することが最善なのかもしれません。

 

 前戦シンガポールGPでファンの期待を大きく下回ってしまったトロロッソ・ホンダですが、待望の新PU(エンジン)、スペック3を練習走行に投入しました! ドライバーからのコメントもかなりポジティブなもので期待が持てそうです。その結果、この抜けないソチでスターティンググリッドペナルティが付いてしまうのですが、その代わりに次戦日本GPでは、このスペック3をペナルティなしで使うことができます。ロシアGPの決勝レースでは旧スペックに戻してのレースになりますが、練習走行にスペック3を投入したところに、チーム、特にホンダの、日本GPへの意気込みが感じられますね。

jp.motorsport.com

 

 また、来シーズンのトロロッソ・ホンダのドライバーとしてダニエル・クビアトが発表されました。レッドブルに昇格するガスリーの後釜です。クビアトについて(愛あるいじりを込めて)紹介すると、もともとレッドブルの育成ドライバーでトロロッソで走っていました。そして走りを認められレッドブルに昇格。そこまでは良かったのですが、いまひとつ輝くことができずに、多くのクラッシュを引き起こし、他のドライバーから「魚雷」と言われるまでになりました。ついに、当時トロロッソで走っていたフェルスタッペンと交代でトロロッソに出戻り、出戻った先のトロロッソでも同僚のサインツJr.に後れを取ったため、シーズン途中で解雇されてシートを失っていました。まだ、24歳と若いドライバーですが、波乱万丈ですね。(^-^;

www.as-web.jp

 

 このクビアトの同僚が誰になるかはまだ決まっていませんが、現在のハートレーはいまだ速さを十分に見せているとは言い難い状態なので、実力のあるドライバーを引っ張って来て欲しいものです。ああ、良い日本人ドライバーがいればなぁ(-_-;)

 

 F1 第16戦ロシアGP決勝レースは9月30日20:10(日本時間)スタートです。