ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2019年 新車発表  ルノー & レッドブル

f:id:kuninn:20190215233621j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 平日は、仕事と家事で、なかなかブログ更新に時間が割けません・・・・・・が、F1界では新車発表が続々と行われております!

 

 

 ルノー 新車発表

 

jp.motorsport.com

 

 ルノーは、エンジンの供給はずっと行っていたのですが、チームとしてF1に復帰したのは2016年からです。復帰後は順調に成績を上げて、昨年はTOP3チームに次ぐ4位でした。もっとも、TOP3チームが優勝争いをするチームで、それ以外のチームはポイント争いをするチームと明確に分かれていた昨シーズン、ルノーには優勝争いをする力が無かったのも事実です。今シーズンは何度かの優勝、そして来シーズンにはワールドチャンピオン争いをするというのが、F1復帰時の計画でした。優勝できるチーム「レッドブル」がエンジンをルノーからホンダにスイッチした今シーズンは、何としてもワークスチームで優勝したいところです。

 

 ドライバーは、昨年から残留の「いぶし銀」ヒュルケンベルグと、レッドブルから移籍の「ビッグオーバーテイクメーカー」リカルドです。表彰台に乗ったことがないのが不思議と言われるほど運転技術に定評のあるヒュルケンベルグと、業界随一の追い抜き技術を持つリカルドの組み合わせは、かなりの魅力があります!

jp.motorsport.com

 

 画像では綺麗に出来上がっている新車ですが、あくまでもこれはCGであって、実車はまだ出来上がっていません。18日から公式テストが始まるのですが、ぎりぎりになりそうとのこと。F1はコスト削減のため、公式テスト以外でのプライベートテストが禁じられていますから、テストに走れないと非常に痛いです。間に合うか!!

www.as-web.jp

 

 

 

 

 レッドブル・ホンダ 新車発表

jp.motorsport.com

 

 レッドブルとトロロッソには、「ホンダ」ってつけてしまいますね(笑)

 レッドブルの新車は、印象的なカラーリングで登場しました。もっとも、昨年同様、これは一回限りのようで、公式テストから通常のものに戻すようです。ただ、今年は、通常のカラーリングがホンダとのジョイントの影響で、白系になるのではないかという噂もあります。公式テストにどのような姿で現れるのか楽しみです。

 

 チームは、毎年優勝を記録しているTOPチームの一つで、今シーズンからホンダエンジン(PU)を搭載します。始めは「初年度からの優勝は期待していない」などと控えめな発言だった関係者も、シーズンが近づくにつれてだんだんと強気な発言が目立つようになってきました。昨年は非力なルノーエンジンで何度か優勝している、車体に関しては最強ともいわれるチームですから、今年一勝もできなければホンダエンジン(PU)に批判が集中するのは避けられません。悪くても昨年同様、何勝かは記録したいところですが・・・・・・。

 

 ドライバーは、昨年から残留の「次世代のエース候補」フェルスタッペンと、「ホンダのエース」ガスリーです。フェルスタッペンは、ハミルトンの次の世代のエースともみなされているドライバーで、速いが粗削りだったドライビングも、昨シーズン前半に高い授業料を払って学習した成果がシーズン後半に現れていました。車とエンジンの出来次第ではチャンピオン争いに絡むことが出来るドライバーです。ガスリーは昨年のトロロッソ・ホンダのエースとして活躍が認められ、トロロッソからレッドブルに昇格しました。チームメイトがチームメイトだけに大変ですが、自分の実力を証明するには、またとないチャンスです。

 こちらは、新車の開発は順調のようです。(*^-^*)

www.as-web.jp