ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2019年第5戦スペインGP メルセデス5戦連続1-2フィニッシュ達成

f:id:kuninn:20190513231600j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 

 最近日差しが強くなってきましたね。今年こそは「日傘男子」になろうかしらん・・・・・・。

 

 さて、第5戦スペインGPの決勝レースが行われました。

 今シーズンの開幕前は「今年はフェラーリが速そうだ」と言われていました。メルセデス陣営も「一番速い車は彼らだ」なんて言っていたのですが・・・・・・。開幕してみると、開幕戦から第4戦まで、すべてメルセデスが1-2フィニッシュを決めています。パーフェクトです。(^-^;

 

 第1戦から第4戦は、出先(フライアウェイ)でのレースが続きましたが、この第5戦が行われるスペインは、多くのチームがマシン製造拠点を置くヨーロッパでの開催です。ここで各チームは最初の大規模アップデートを投入するので、その結果がどう出るのか、非常に興味深いです。

 

F1 第5戦スペインGP決勝レース結果です。

 

順位  ドライバー       チーム(パワーユニット)

優勝    ルイス ハミルトン         Mercedes (Mercedes)

2         バルテリ ボッタス              Mercedes  (Mercedes)

3        マックス フェルスタッペン   Red Bull  (Honda)

4        セバスチャン ベッテル        Ferrari (Ferrari)

5        シャルル ルクレール           Ferrari  (Ferrari)

6        ピエール ガスリー               Red Bull  (Honda)

7        ケビン マグヌッセン           Haas  (Ferrari) 

8       カルロス サインツ Jr.           McLaren  (Renault)

9       ダニール クビアト               Toro Rosso  (Honda)

10      ロマン グロージャン            Haas  (Ferrari)

11     アレクサンダー アルボン     Toro Rosso  (Honda)  

12     ダニエル リカルド               Renault  (Renault)

13      ニコ ヒュルケンベルグ      Renault  (Renault)

14     キミ ライコネン                  Alfa Romeo  (Ferrari)

15     セルジオ ペレス                  Racing Point  (Mercedes)  

16     アントニオ ジョビナッツィ  Alfa Romeo  (Ferrari)

17     ジョージ ラッセル              Williams  (Mercedes)

18     ロバート クビサ                  Williams  (Mercedes)

dnf    ランス ストロール             Racing Point  (Mercedes)

dnf    ランド ノリス                     McLaren  (Renault) 

ja.espnf1.com

 

 

 

〇くにんメモ

 予選結果は、PP ボッタス(メルセデス)、2位 ハミルトン(メルセデス)、3位 ベッテル(フェラーリ)でした。ボッタスは、2位ハミルトンに大差をつけてのPP獲得でした。このスペインGPはなかなか追い抜きが難しいコースなので、スタートを決めれば優勝のチャンスが非常に大きくなります

 さぁ、緊張のスタート!!

 ああぁ、ボッタス蹴り出しが悪い!

 1コーナーでは、2位ハミルトンがインから、3位ベッテルがアウトから並びかけます。挟まれる形になったボッタスは、なんとか2位に踏みとどまるので精一杯。先頭はハミルトンが奪取します。

 首位に立ったハミルトンのまぁ速いこと。ボッタスに競りかけるチャンスも与えません。

 

 レース中盤で、ノリス(マクラーレン)とストロール(レーシング・ポイント)が接触した影響でセーフティーカーが出ます。ハミルトンがせっかく作ったリードは一度帳消しになり、彼のすぐ後ろに2位ボッタスがついた状態でレースは再開されます。しかし、この唯一のピンチもハミルトンはあっさりと凌いでしまいます。

 

 流石、5度のワールドチャンピオンに輝いたトップドライバーですね。盤石のレースで、ハミルトンーボッタスの順番でフィニッシュ! 開幕以来5戦連続のメルセデスによる1-2フィニッシュでした。

www.as-web.jp

jp.motorsport.com

 

 

 ハミルトンの強さばかりが目立ったレースでしたが、中団グループで光っていたのは、クビアト(トロロッソ・ホンダ)でした。非常にアグレッシブなディフェンスをするマグヌッセン(ハース)を見事なオーバーテイクで交わして8番手まで浮上します。

 ところが、セーフティーカーの時に入ったピットで適切なタイヤが用意されていないという信じられないトラブルで後退を強いられます。( 一一)

 

 でも、それで終わらないのが、今回のクビアト。力強い走りでハースのグロージャンをパスして、なんとか9位まで順位を上げるのでした。

 クビアトは予選から調子よかったですし、この抜きにくいスペイン、カタロニアサーキットで見事なオーバーテイクショーを見せてくれました!! 個人的には「ドライバー・オブ・ザ・レース」はクビアトですね。

jp.motorsport.com

 

 

  3位には、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが入りました。フェラーリと正面から戦っての表彰台獲得です!!

 今シーズンのフェルスタッペンは、マシンの力を本当に限界まで引き出してくれています。それでいて、オーバードライブも見られなくなりましたし、チームリーダーとして頼もしい限りです。

f1-gate.com

 

 

 次は、伝統の一戦モナコGPです。凄く狭い市街地コースで、F1でもっとも低速ハイダウンフォースのコースなので、レッドブル・ホンダにもチャンスが・・・・・・と言いたいところなのですが、昨年とは各チームのマシンの性格が変わっていまして、おそらく今シーズン一番ダウンフォースが出ている車はメルセデスです。(昨年はおそらくレッドブル) ですから、このまま行くと、メルセデスの開幕から6戦連続1-2フィニッシュも十分あり得る、そう思えます。(^-^;

 

〇 次戦モナコGP決勝レースは 5月26日(日)です