ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

神様も困ったのでは  ~日本の宗教事情一例

f:id:kuninn:20190120202940j:plain

 

寒いですね。くにんです。

インフルエンザも流行しております。皆さま、お気を付けください。

(僕は、既にやられました)

 

 

昨年末、近所のショッピングセンターに、クリスマスツリーが設置されました。

その横にはテーブルが置いてあり、星型のカードと筆記用具が準備されていました。

「サンタさんにお願い事を書いて、クリスマスツリーに下げてね」

とのこと。

なるほど、子供たちにプレゼントを配るだけでなく、願い事まで叶えないといけないサンタさんには気の毒ですが、子供は喜びそうです。七夕チックなのは、この際置いといて(*^▽^*)

 

びっくりしたのは、今年に入ってからです。

クリスマスツリーは片付けられて(年明けましたしね)、立て看板が設置されていました。

「クリスマスツリーにたくさん願い事を書いてくれて、ありがとうございました。皆さんに書いていただいたカードは、〇〇神社でお焚き上げしていただきました」

とのこと。

 

おおっ? お焚き上げ? 神社で?( ゚Д゚)

それは、神様もさぞかしびっくりされたのではないでしょうか。異教の聖者へのお願い事が焚き上げられるのですから。

 

これをどう捉えるかは、個人個人の宗教観によってさまざまでしょうが、日本では「まあ、ねぇ」と、半分苦笑、半分ほっこりとした笑いで、捉えられる方が多いのではないか、と個人的には思います。宗教にアバウトな日本らしい、エピソードの一つですよね。(^-^;