ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第1戦オーストラリアGP予選結果 PPはハミルトンが獲得!

f:id:kuninn:20180324180452j:plain

 みなさん、こんばんはです。子供が高校に入学するためになんだかんだと購入するものが多くて、少々うんざりしているくにんです。高いわー。(>_<) 

 

 さて。

 2018年F1シーズン開幕です!

 

第1戦オーストラリアGP予選結果

f:id:kuninn:20180324180819j:plain

ja.espnf1.com

 

 

●くにんコメント

 やっぱり、今年もメルセデスが速いです! テストでは、一発のタイムを追及せずに黙々と走り込んでいましたが、さすがの完成度です。PPのハミルトンと2位~5位のフェラーリ&レッドブルのタイム差を見ると、頭一つメルセデスが抜けているようです。ひょっとしたら、昨年のような混戦にならないのかもとさえ思えてきます。

 もう一人のメルセデスドライバー、ボッタスはQ3で攻めすぎて壁に激突してタイム無しとなりましたが、Q2ではハミルトンと同程度のタイムが出ていましたから、メルセデスチームの車のできがいいのだと思います。

 

「ハースのテストでの速さは本物か。ルノーも好調だがどうか。」が、予選の楽しみの一つでした。テストではそれぞれのチームでガソリン量が違ったりして、出たタイムでそのまま速い遅いを判断するのは難しいところがあります。しかし、テストで好調だったこの2チームは、予選でも速かったですね。ワークスルノーはともかく、昨年中団の真ん中を走っていたハースがこの位置に来ているのは驚きです。

 

 そして、日本のF1ファン注目のトロロッソホンダですが‥‥‥。

 16位ハートレー、20位ガスリーと下位に沈みました。でも、まぁ、仕方のないところではあります。どうしても期待が先に立ってしまうのですが、トロロッソという小規模チームのリソース、若手コンビのドライバー、現状は力不足のホンダエンジンの組み合わせなので、予選はともかくレースで生き残って、直接のライバルである、ウイリアムズ、ザウバーに勝ち、なんとか1ポイント獲得(10位入賞)できれば大成功でしょう。ちょっとシーズン前の予想よりハースが遠いところに行ってしまいましたが(笑)

 

 予選の速さと、約300㎞を約1時間半かけて走る決勝レース結果は、また別物。明日の決勝がどのような展開になるのか楽しみですね!! 日本のF1ファンにも大変優しい時間帯に開催されます。(笑)

 

 

〇F1 2018年第1戦オーストラリアGP決勝レース
 3月25日(日)14時10分(日本時間)スタート