ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第10戦イギリスGP予選 大接戦を制したのは地元ハミルトン(メルセデス)!! トロロッソ・ホンダは練習走行で事故があり1台しか予選に参加できず

f:id:kuninn:20180708001241j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 大変な雨が続いていますね。被害が少ないことをお祈りするとともに、被害にあわれた方には謹んでお悔やみを申し上げます。

 

F1GP第8戦フランスGP予選結果(スターティンググリッド)です。

 

順位  ドライバー      チーム(パワーユニット)

PP       ルイス ハミルトン          Mercedes(Mercedes)   

2         セバスチャン ベッテル   Ferrari(Ferrari)  

3        キミ ライコネン               Ferrari(Ferrari)   

4         バルテリ ボッタス          Mercedes(Mercedes)  

5        マックス フェルスタッペン Red Bull(TAG)

6        ダニエル リカルド           Red Bull(TAG)

7        ケビン マグヌッセン       Haas(Ferrari )  

8        ロマン グロージャン       Haas(Ferrari )  

9        シャルル ルクレール       Sauber(Ferrari)

10      エステバン オコン           Force India(Mercedes )

11      ニコ ヒュルケンベルグ    Renault(Renault)

12      セルジオ ペレス              Force India(Mercedes)

13      フェルナンド アロンソ   McLaren (Renault)   

14      ピエール ガスリー          Toro Rosso(Honda )

15      マーカス エリクソン       Sauberi(Ferrari )  

16      カルロス サインツ Jr.     Renault(Renault)

17      ストフェル バンドーン   McLaren (Renault )  

18      セルゲイ シロトキン       Williams(Mercedes)  

19     ランス ストロール           Williams(Mercedes)    

20     ブレンドン ハートレー   Toro Rosso(Honda )

 

ja.espnf1.com

 

 

○くにんメモ

 高速サーキットであるシルバーストンで行われるイギリスGP。TOP3の中でエンジンパワーで劣るレッドブルは不利です。つまり、メルセデスとフェラーリのガチンコ対決ですね。

 

 予想通り、メルセデスの2台とフェラーリの2台が僅差で争う、緊迫した予選となりました。

 PP(ポールポジション)を獲得したのは、イギリス出身のハミルトン。2位と3位にはフェラーリの2台が入りました。

 この2チームは、実力がほぼ均衡しているので、明日の決勝レースがどうなるのか楽しみです!(^^)!

 

 また、ここでもザウバーのルクレールが9位に入っています。最近、フェラーリPU(パワーユニット)を使うハース、ザウバー勢が好調とはいえ、ルクレールと同じ車(ザウバー)に乗るエリクソンが15位ということを考えると、本当にこの新人は凄いです。

 

 さて、トロロッソ・ホンダですが、ハートレーは練習走行中に「コーナーでブレーキを踏んだらサスペンションが壊れた」という非常に危険な事故に見舞われました。予選までに車を修理することができず、ハートレーは予選不参加になりました。

jp.motorsport.com

 

 もう一台のガスリーは、念のためサスペンションを交換して予選に臨みましたが、14位どまりでした。一時期の勢いは完全に消えてしまい、チームとしてのポイントでも、トロ・ロッソの19ポイントに対してザウバーが16ポイントと、激しく追い上げられています。

 

 シルバーストーンも追い抜きを増やすために、DRSゾーンが一か所増えて三か所になりました。実際に効果が出るかどうかはレースをやってみないとわかりませんが・・・・・・。

 

 決勝レースは、7月8日22:10(日本時間)スタートです。