ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第21戦アブダビGP決勝 ハミルトンが今シーズンを象徴する完璧な勝利 トロロッソホンダは最後でトラブルに泣く

f:id:kuninn:20181125135631j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 

 長かったF1の2018年シーズンも、アブダビGPで終わってしまいましたね。

 最終戦は、思っていた以上に、面白いレースになりました!!

 

 

F1 第21戦アブダビGP決勝レース結果です。

 

順位  ドライバー       チーム(パワーユニット)

優勝    ルイス ハミルトン              Mercedes  (Mercedes)

2        セバスチャン ベッテル        Ferrari  (Ferrari)

3        マックス フェルスタッペン   Red Bull  (TAG)  

4        ダニエル リカルド               Red Bull  (TAG)  

5        バルテリ ボッタス               Mercedes  (Mercedes)

6        カルロス サインツ Jr.          Renault  (Renault)

7        シャルル ルクレール           Sauber  (Ferrari)

8       セルジオ ペレス                   Force India  (Mercedes)

9       ロマン グロージャン            Haas  (Ferrari)

10      ケビン マグヌッセン           Haas  (Ferrari)

11      フェルナンド アロンソ        McLaren  (Renault)  

12      ブレンドン ハートレー       Toro Rosso  (Honda)

13      ランス ストロール               Williams  (Mercedes)

14      ストフェル バンドーン        McLaren  (Renault)  

15      セルゲイ シロトキン            Williams  (Mercedes)  

dnf     ピエール ガスリー               Toro Rosso  (Honda)

dnf     エステバン オコン               Force India  (Mercedes)

dnf     マーカス エリクソン           Sauber  (Ferrari)   

dnf     キミ ライコネン                  Ferrari  (Ferrari)

dnf     ニコ ヒュルケンベルグ        Renault  (Renault)  

ja.espnf1.com

 

〇くにんメモ

 予選順位は、PPハミルトン(メルセデス)、2番手ボッタス(メルセデス)、3番手ベッテル(フェラーリ)です。UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで行われるレースですが、雨の確率40%という予報の中、スタートの時を迎えます。

 

 スタートでは、上位に変動はありませんでしたが、6位スタートのフェルスタッペンが10位まで落ちてしまいます。

 後方では、激しい順位争いが繰り広げられますが・・・・・・。その中で、グロージャンとヒュルケンベルグが激しくクラッシュ! グラージャンの左フロントタイヤにヒュルケンベルグの右リヤタイヤが乗り上げた形となり、ヒュルケンベルグは完全に舞い上げられてしまいます。回転しながらコースを外れていくヒュルケンベルグのマシンは、バリヤーに当たって裏返しのまま止まりました。幸い、ヒュルケンベルグには、大きな怪我はなかったのですが、背筋が冷たくなるような大事故でした。

jp.motorsport.com

 

 この事故でセーフティーカーが入りますが、さすがにスタート直後だけに、スタート後の混乱で壁にHITしたハートレー以外は、タイヤ交換を行うものはいませんでした。(あれ、ハートレー何やってんの?)

 レース再開後、しばらくして、突然フェラーリのライコネンがスローダウン、マシンを止めてしまいます。ライコネンのフェラーリ最後のドライブは、ここで早くも終わってしまいました。このライコネンのマシンを片付ける間、バーチャルセーフティーカーが入ります。これを好機と見て、首位ハミルトンはタイヤ交換をしますが、2位のボッタスや3位のベッテルはステイアウト、コースに留まります。

www.as-web.jp

 

 レース再開後は、至る所でいいバトルが見られました。直角コーナーが多くあまり抜きどころがないと考えていた、ヤス・マリーナ・サーキットでしたが、直線が速い車、コーナーが速い車、それぞれが強みを生かしてバトルを繰り広げていました。

 直線で速い車が前の車を抜いたところで、抜かれた車がコーナーでの速さを活かして後ろにつき抜き返すなどは、なかなか見られるものではありません。白眉は、バンドーンと、グロージャン、オコンの3ワイドの戦い! 一度は抜かれたバンドーンがまた激戦を制して抜き返し、見事に意地を見せました。

www.as-web.jp

 

 チャンピオンが決定している今回は、速ささえあればバトルが許される状況のボッタスでしたが、後半ずるずると失速してしまいます。タイヤに苦しんだのでしょうか。しかし、同僚のハミルトンの方が、先にタイヤ交換をしたのにまだまだ元気だったのを考えると、このペースダウンは非常に残念です。ボッタスの「うまくいかないシーズン」を象徴するような後退劇でした。

jp.motorsport.com

 

 結局、危なげなく、ハミルトンが優勝。ボッタスとは対照的に、「順調なシーズン」を象徴するような、完璧なレースでした。2位にはボッタスを交わしたベッテル、3位には素晴らしい追い上げを見せたフェルスタッペンが入りました。

 

 トロロッソホンダは、厳しいレースになりながらも、何とかガスリーが10位フィニッシュで1ポイント獲得、有終の美を・・・・・・と思ったら、最終盤、あと数週というところで、エンジンから白煙が上がりリタイヤとなりました。ハートレーは完全にポイント圏外でした。今シーズン、ガスリーとハートレーの成績の差は歴然で、ガスリーがレッドブルに昇格し、一度F1からドロップアウトしていたクビアトが後釜に座りますが、ハートレーはどうなるのでしょうか。正直、今年の成績を考えると、速さに不安を覚えますが・・・・・・。

jp.motorsport.com

 

 何はともあれ、これで、長かった2018年シーズンも終了いたしました。長い間、くにんメモにお付き合いいただき、ありがとうございました。次回のF1関係の記事では、今シーズンを丸っと振り返りたいと思います。