ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第20戦ブラジルGP予選 ハミルトンがPP スペック3PU、新開発パーツ投入のトロロッソ・ホンダは9番手獲得だが・・・

f:id:kuninn:20181111200547j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 

 F12018年シーズンも、第20戦ブラジルGPまで来ました。ドライバーズチャンピオンシップは、第19戦メキシコGPにおいて、ハミルトンの5度目のチャンピオン獲得で決定しました。しかし、まだ、コンストラクターズ(チーム)の順位は決まっておりませんし、そもそも、F1ドライバーはみんな我が強く、自分の前を誰かが走っていることが受け入れられない人たちばかりです。(笑) 

 第21戦の最終戦まで激しい戦いが行われること、間違いありません!

 

 

F1GP第20戦ブラジルGP予選結果(スターティンググリッド)

※直前のペナルティで変更がある場合があります。

 

順位  ドライバー       チーム(パワーユニット)

 PP     ルイス ハミルトン             Mercedes  (Mercedes)  

2        セバスチャン ベッテル      Ferrari  (Ferrari)  

3        バルテリ ボッタス             Mercedes  (Mercedes)

4        キミ ライコネン                 Ferrari  (Ferrari)

5       マックス フェルスタッペン   Red Bull  (TAG)

6       マーカス エリクソン           Sauber  (Ferrari)  

7       シャルル ルクレール           Sauber  (Ferrari)

8       ロマン グロージャン           Haas  (Ferrari)

9      ピエール ガスリー               Toro Rosso  (Honda)   

10    ケビン マグヌッセン            Haas  (Ferrari)

11     ダニエル リカルド              Red Bull  (TAG)  

12    セルジオ ペレス                  Force India  (Mercedes)  

13    ニコ ヒュルケンベルグ       Renault  (Renault)  

14    セルゲイ シロトキン           Williams  (Mercedes)

15    カルロス サインツ Jr.          Renault  (Renault)  

16    ブレンドン ハートレー       Toro Rosso  (Honda)    

17    フェルナンド アロンソ       McLaren  (Renault)  

18    エステバン オコン              Force India  (Mercedes)

19   ランス ストロール               Williams  (Mercedes)

20    ストフェル バンドーン       McLaren  (Renault)

ja.espnf1.com

 

 

○くにんメモ

  まず、ペナルティに関する情報です。度重なるマシントラブルのせいで、「この車は呪われている。もう、(来シーズンに交代が予定されている)ガスリーに任せる」などと発言していたレッドブルのリカルドが、またもや5グリッド降格です。これは、前戦メキシコGPでマシン後部から煙が出てリタイアした際に、コースマーシャルが消火器を使って消し止めたため、ターボチャージャーに不具合が生じて交換する必要が出たため。どこまで、ついてないんだか、気の毒でなりません。あと、もう一人、フォースインディアのオコンも、ギアボックス交換のため5グリッド降格ペナルティが出ています。

www.as-web.jp

 

 予選が始まった時には曇り空だったのですが、天気予報によると予選中に雨が降る確率が高いとのこと。トロロッソを除いた全チーム、雨が降る前にタイムを出そうと、予選開始後すぐにコースに飛び出します。トロロッソは、コース上の渋滞を避けるためにか、わずかにタイミングを遅らせてコースへマシンを送り出します。

「トロロッソがタイムを出す前に雨が降ってきたらどうしよう」とドキドキでしたが、なんとか、予選1回目(Q1)は、雨による大きな影響はなく終了しました。ただ、ホンダのスペック3PU(エンジン)と新開発パーツを投入した今GPは、相当の期待がトロロッソに寄せられていたのですが、タイムには大きな前進は見られず、ハートレーはQ1で敗退してしまいます。

 

 予選2回目(Q2)で、雨がぽつぽつと降り始めました。それでもまだドライタイヤで走れる程度なのですが、今後どうなるかはわかりません。各チーム、各車、焦りの故か、かなりの混乱が見られました。

 コース上では、タイヤを温めるために急加速したシロトキンが、走行ラインを譲ろうとしたハミルトンに接触しそうになりました。ハミルトン(メルセデス)側も、まさかシロトキンがそんな急加速するとは思わず、シロトキン(ウイリアムズ)側も、ハミルトンが譲ってくれるとは思わず、というミスコミュニケーションが原因ですが、大きな事故につながりかねない危ない場面でした。

 また、予選途中で、検量のために止められたベッテルが所定の手続きに従わず、ロードセル(重量計)を壊してしまいました。検量を早く終えて予選の続きを行いたいという焦りからの事です。今回は、罰金と戒告で済みましたが、これでグリッド降格ペナルティでももらえば、もう一大事です。今シーズン、ほんとうにベッテルのこういう「焦り」から来るミスが多いです。

ja.espnf1.com

 

 予選結果は、ハミルトンがPP、2番手ベッテル、3番手ボッタスです。この中ではベッテルだけが一段階硬いタイヤでスタートするので、それが決勝レースにどのように影響を及ぼすかですね。

 トロロッソ・ホンダのガスリーが9番手スタートと頑張りました‥‥‥が、直近のライバル、ザウバーの2台が6位と7位スタート。コンストラクターズ(チーム)ランキングでザウバーを逆転するためには、どうしても、この2台の上に行く必要があるのですが‥‥‥。決勝レースでの奮起を期待します!

 

 決勝レースは、11月12日(月)02:10(日本時間)スタート予定です。