ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第6戦 モナコGP予選 リカルドが超速でPP、トロロッソホンダは健闘して10位獲得

f:id:kuninn:20180527002552j:plain

 

みなさん、こんばんは。

「ここは抜けないモナコ」という名(?)実況が耳に残っている、くにんです。

 

F1GP第6戦は、伝統の一戦モナコGPです。

 

F1 2018年 第6戦モナコGP予選結果(スターティンググリッド)

  PP ダニエル・リカルド(レッドブル)

  2位 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

  3位 ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 2018 モナコGP | リザルト | Motorsport.com

 

ja.espnf1.com

 

 

〇くにんメモ

 F1を知らなくても「モナコグランプリは聞いたことがある」という人がいるくらい有名なグランプリです。ここはモナコ公国の公道を使って行われる市街地レースで、とんでもなくコース幅が狭いです。もちろん抜けません。本当は安全性を考えればとてもレースなど開催すべきではないのですが、「伝統」と「格式」があるので、別格扱いで開催されています。

 

 このコースでは、レースで前の車を抜くことができないので、予選がすごく大事になります。

 

 曲がりくねったこの市街地コースでは、エンジンパワーよりもグリップとハンドリングが重要になります。そこで、このコースで強いと考えられていたのが、レッドブルですが、予想通りポールポジションはレッドブルのリカルドが獲得しました。ただ、同僚のフェルスタッペンが予選走行中にクラッシュしてしまい、予選に参加できなかったのがレッドブルにとっては大きなダメージです。予選に出ていれば、おそらく1-2だったと思われるだけに‥‥‥。

 

 また、トロロッソ・ホンダにとっても、アンダーパワーがそれほどレースに響いてこないこのGPはチャンスです。しっかりとガスリーが予選10番手を獲得してくれました。スタートをしっかりと決めてくれさえすれば、あとは「抜けないモナコ」なので、なんとかポイント獲得も期待できるというものです。

 

〇モナコGP決勝レースは5月27日 22時10分の予定です。