ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第19戦メキシコGP決勝 フェルスタッペンが優勝 ハミルトンがワールドチャンピオンを決める トロロッソ・ホンダはポイント獲得するが‥‥‥

f:id:kuninn:20181028142241j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 

 2018年もあとわずか。F1もいよいよラスト3戦です。このメキシコGPでは、ハミルトンがドライバーズチャンピオンを決めるのではないかと、言われています。7位までに入れば、彼の5度目のワールドチャンピオンが決まるので、まぁ、リタイヤしなければ大丈夫でしょう。本人は優勝して決めたいでしょうけど。(^-^;

 

F1 第19戦メキシコGP決勝レース結果です。

 

順位  ドライバー       チーム(パワーユニット)

優勝     マックス フェルスタッペン  Red Bull  (TAG)  

2          セバスチャン ベッテル       Ferrari  (Ferrari)  

3          キミ ライコネン                  Ferrari  (Ferrari)

4          ルイス ハミルトン              Mercedes  (Mercedes)

5          バルテリ ボッタス              Mercedes  (Mercedes)

6          ニコ ヒュルケンベルグ       Renault  (Renault)

7          シャルル ルクレール          Sauber  (Ferrari)

8         ストフェル バンドーン       McLaren  (Renault)  

9         マーカス エリクソン           Sauber  (Ferrari)

10       ピエール ガスリー              Toro Rosso  (Honda)

11       エステバン オコン               Force India  (Mercedes)

12       ランス ストロール              Williams  (Mercedes)

13       セルゲイ シロトキン           Williams  (Mercedes)

14       ブレンドン ハートレー       Toro Rosso  (Honda)

15       ケビン マグヌッセン           Haas  (Ferrari)  

16       ロマン グロージャン           Haas  (Ferrari)

dnf      ダニエル リカルド              Red Bull  (TAG)    

dnf      セルジオ ペレス                  Force India  (Mercedes)

dnf      カルロス サインツ Jr.         Renault  (Renault)

dnf      フェルナンド アロンソ       McLaren  (Renault)   

 

ja.espnf1.com

 

 

〇くにんメモ

  予選順位は、PPリカルド(レッドブル)、2位フェルスタッペン(レッドブル)、3位ハミルトン(メルセデス)です。この3台を含めて、TOP3チームは、真ん中の硬さのタイヤ(ウルトラソフト)でのスタートですが、それより後ろは、色々とタイヤ選択が別れています。今回は、ピットストップの回数も含めて、戦略の最適解が定まっていないようです。

 

 スタートでは、フェルスタッペンとハミルトンが好スタートを決めた一方で、PPのリカルドが遅れます。首位に立ったフェルスタッペンは、そのまま後続を引き離してその座を固めていきます。

 このメキシコGPでは、メルセデス勢がいつもの速さを見せることが出来ず、タイヤにも苦しんでいる模様で、12週目に早々とスーパーソフトに交換します。これは、2ストップ戦略か!? これに対応して、レッドブルもタイヤ交換を行いますが、フェラーリは16週目までタイヤ交換を遅らせます。

 タイヤ交換を行った後、好調だったのはフェラーリのベッテルで、リカルドを抜いて3位に上がります。首位はフェルスタッペン、2位ハミルトン、3位ベッテルです。さらに、ベッテルはハミルトンも抜き2位に浮上。ハミルトンは、相当タイヤに苦しんでいる模様でした。

 やはり、早めにタイヤ交換をおこなっていたメルセデス勢(ハミルトン、ボッタス)は、2回目のピットストップに向かいます。1ストップ作戦を狙うかとも思われたフェルスタッペンとベッテルも2ストップ作戦でピットへ。一方で、ライコネンとリカルドはコースに留まり、1ストップ作戦を実行します。

 

 ここで、心配されていたことが起きました。リカルドのマシンの後部から白煙が上がったのです。またもや、マシントラブルでリタイヤ‥‥‥。

jp.motorsport.com

 こうなると、同じ車で走っている首位のフェルスタッペンも、トラブルの心配が出てきますが、こちらは最後まで無事に走り切ることが出来ました。

 優勝はフェルスタッペン、2位にベッテル、3位にライコネンが入りました。そして、ハミルトンは4位

 

 優勝で飾ることはできなかったものの、ハミルトンは5度目のワールドチャンピオンを決定しました。F1は車を運転するスポーツですから、成績は車の性能にも大きく左右されます。しかし、ハミルトンの強さは、マシンから来るものだけではなく、その安定した技量、強い精神力から来るものです。同じ車に乗るボッタスが、ドライバーズランキングでは4位と言うところからも、彼のチャンピオン獲得が、車の性能によるものだけでないことが、はっきりとわかります。

jp.motorsport.com

 

 そして、トロロッソ・ホンダです。最後尾スタートでしたがうまく戦略を実行したガスリーが10位に入り1ポイント獲得! しかし、直近のライバルであるザウバーが、7位と9位に入ったために、コンストラクターズ(チーム)争いで、とうとう逆転されてしまいました!! ザウバーもトロロッソも小規模チームで、このランキングの違いにより生じる分配金の金額の差は、とても大きくチームの体力に響いてきます。

 残りは、あと2戦しかありません。いや、まだ2戦あります。なんとか、なんとか、再逆転を!

www.as-web.jp

 

 次戦ブラジルGPの決勝レースは 11月12日(月)(日本時間)です。また、深夜から早朝にかけてのレースです( ;∀;)