ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 2018年第12戦ハンガリーGP予選 雨の中メルセデスが1-2。トロロッソ・ホンダは望外の6位と8位スタートを獲得

f:id:kuninn:20180729003033j:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 台風が接近しております。何事もなく過ぎ去ってくれることを祈りながら。

 

 F1が夏休みに入る前の、前半戦最後のレースです。

 

F1GP第12戦ハンガリーGP予選結果(スターティンググリッド)

順位  ドライバー       チーム(パワーユニット)

PP     ルイス ハミルトン       Mercedes (Mercedes)

2       バルテリ ボッタス       Mercedes( Mercedes)

3         キミ ライコネン                Ferrari ( Ferrari)

4          セバスチャン ベッテル     Ferrari ( Ferrari)

5         カルロス サインツ Jr.        Renault  (Renault)

6         ピエール ガスリー            Toro Rosso ( Honda)  

7         マックス フェルスタッペン  Red Bull  (TAG ) 

8         ブレンドン ハートレー      Toro Rosso ( Honda)  

9         ケビン マグヌッセン          Haas ( Ferrari)  

10        ロマン グロージャン         Haas ( Ferrari ) 

11        フェルナンド アロンソ     McLaren  (Renault)  

12        ダニエル リカルド            Red Bull  (TAG)

13       ニコ ヒュルケンベルグ      Renault  (Renault)  

14       マーカス エリクソン         Sauber ( Ferrari ) 

15        ランス ストロール            Williams (Mercedes)

16        ストフェル バンドーン     McLaren  (Renault)  

17        シャルル ルクレール         Sauber ( Ferrari)

18        エステバン オコン            Force India ( Mercedes)

19        セルジオ ペレス               Force India  (Mercedes)

20        セルゲイ シロトキン        Williams  (Mercede)  

 

ja.espnf1.com

 

 

〇くにんメモ

 予選開始直前に雨が降り、一度は上がったものの、また予選開始直後から降り始めるという、非常に天候に振り回された予選となりました。

 結果的に、メルセデスの1-2となりました。練習走行からはフェラーリの方が優勢と思われていたのですが、雨が降っている中では、若干メルセデスの方が優勢のようです。

 刻々と変わる天候の変化を最大限に生かしたチームが、トロロッソ・ホンダでした。予選ベスト10(Q3進出)に2台とも入ったのは今シーズン初めてです。確かに、エンジンパワーをあまり必要としないこのコースは、トロロッソ・ホンダ向けではあるのですが、この結果は実力以上に雨による幸運の結果です。

 レースが行われるハンガロリンクは、とても追い抜きが難しいコースと言われています。純粋なスピードでは勝ると思われるフェラーリが、前に行かれてしまったメルセデスを攻略できるかどうか、そして、望外の良いスターティンググリッドを手に入れたトロロッソ・ホンダがどのようなレースをするかが、決勝レースの見どころになるのではないでしょうか。

 

 

 

 ハンガリーGPの直前に、大きなニュースが二つ飛び込んできました。

トロロッソ・ホンダのジェームス・キーがマクラーレンに移籍!?

jp.motorsport.com

 トロロッソ・ホンダのTD(テクニカルディレクター)のジェームス・キーがマクラーレンに引き抜かれるというものです。キーは小林可夢偉と共にザウバーで好成績を上げたことから、なじみのある日本人ファンも多いのではないでしょうか。少ない予算でも良い車を作り上げる優秀な技術者です。

 トロロッソ側は長期契約があると主張していますが、契約が切れた後の移籍は止めようがありません。移籍が見込まれる技術者にチームの最新データに触れさせることは好ましくないことから、即時の移籍はプロテクトしているもののチーム内で働かせることもできず、ガーデニング休暇(契約満了まで飼い殺し)に入っているといわれています。キーはトロロッソの技術陣の大黒柱だったのに、それが抜けてしまっているのですから、チームにとって非常に大きな痛手です。

 

フォースインディアチームが破産申請

jp.motorsport.com

 ずいぶん前から財政的問題が指摘されてきたフォースインディアが、とうとう破産申請に及んだというニュースです。チーム自体は、現在選手権5位ですし、少ない予算でもしっかりと結果を出しています。F1に関わりたいという会社・資本家からすれば、割と素性のいい買い物だと思うのですが‥‥‥。おそらく、借入金が相当あるんでしょうね。チームをそのまま購入すると、負債も含めて購入することになってしまいます。一度破産申告して、破産管財人と債権者で話をしてもらって、いくらか債権が減少した段階で破産管財人からチームを買い取る、というのは、これまでもF1で見られました。

 今回もこのようなケースでは、いや、そうであってほしいと思います。あまりにチームが減って出走台数が減ってしまっては、レースの面白みも減少してしまいますからね。

 なお、フォースインディアはハンガリーGPには参加するとのことです。

 

 

〇決勝レースは、7月29日(日) 22:10(日本時間)スタートです。