ぼちぼちメモ

F1等の趣味や日常生活での気軽なメモです。掌編小説や詩をまとめた「コトゴトの散文」というブログもやっています。

F1 フォース・インディア 破産の危機を免れました!

f:id:kuninn:20180810192506p:plain

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 今年のペルセウス座流星群は、観測条件が良いそうですよ!

 

 夏休み前の最後のレースだったハンガリーGP直前に「破産申請」をして、管財人の管理下に置かれていたフォース・インディア。

 このまま、流星のごとく消え去ってしまうのかと心配されていましたが、救世主が現われました!!

 

 

ローレンス・ストロール氏が率いる投資家集団が、フォース・インディアの新オーナーになりました!!

ja.espnf1.com

 

 

 新オーナーからの資金は即座にチームに投入されるとのことで、チームの存続はもちろんのこと、今シーズンのマシン開発も(ようやく)進めることが可能になります。

 現在フォース・インディアは、コンストラクターズ(チーム)・ランキング4位。なんと、TOP3チームに次ぐ好成績を上げているチームなのです。開発を進めてなんとか4位の座を守れば、それだけF1主催者から順位に応じて配分される資金も多くなります。チームを好循環に乗せるために踏ん張りどころですね。

jp.motorsport.com

 

 

 ところで、新オーナーのローレンス・ストロール氏ですが、実はウイリアムズのドライバーであるランス・ストロールの父です。トミーヒルフィガーやラルフローレン等の大株主で総資産は約2500億円ともいわれる資産家です。昨年F1デビューした息子を支援するために、F1レースが行われるコースを借り切ってプライベートテストを行ってしまうほどです。(もちろん、ルール上最新の車でのテストはできませんが、でもねぇ(^-^;)

formula1-data.com

 

 

 現在の力関係は、明らかにウイリアムズよりもフォースインディアの方が上。来シーズンから、いや、早ければ夏休み明けの次戦ベルギーGPから、ランス・ストロールがフォースインディアに移籍するのではないか、と見られています。

 レッドブルのリカルドのルノー移籍に続き、ドライバー市場をかき回す出来事ですね。

 来年は誰がどのチームのシートに座るのか、ストーブリーグと言われていたのはもう過去の事、クーラーリーグがますます興味深くなってきました。

www.as-web.jp

www.as-web.jp